須賀健太、24歳誕生日に芸能生活20周年「幸せ」 共演者からサプライズも  「ハイパープロジェクション演劇 『ハイキュー!!』“最強の場所(チーム)”」会見2

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の須賀健太さんが10月19日、「TOKYO DOME CITY HALL」(東京都文京区)で行われた人気バレーボールマンガ「ハイキュー!!」が原作の舞台「ハイパープロジェクション演劇 『ハイキュー!!』“最強の場所(チーム)”」の公開ゲネプロを前に会見。「今日が(24歳の)誕生日で、芸能生活20周年を迎えます。20周年の1発目が『ハイキュー!!』の舞台で、幸せなことです」と笑顔を見せた。共演者にバースデーケーキで祝福されるサプライズもあり、須賀さんは「マジでビックリしました!!」と驚きの表情を見せていた。

 「ハイキュー!!」は、古舘春一さんが2012年2月から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のバレーボールマンガ。中学時代の最後の公式戦で惨敗した日向翔陽が、惨敗した相手チームの影山飛雄と進学先の烏野高校バレー部で再会し、ともに頂点を目指す姿を描いている。この日のゲネプロでは、須賀さん演じる日向らがバレーボールに見立てたダンスをステージ狭しと披露。マンガのカットや名言などを舞台後方のスクリーンに映し出すなど、演技と共にマンガの世界観を楽しめる演出がされていた。

 「ハイパープロジェクション演劇 『ハイキュー!!』“最強の場所(チーム)”」は20~28日に東京公演を行い、その後、広島、兵庫、大阪、宮城でも順次上演。12月には東京で凱旋公演を実施する予定。