純烈・友井 芸能界引退「償いながら生きていきたい」…謝罪会見一問一答(1)

写真拡大
過去の複数の交際女性に対する暴力や金銭問題が報じられた、ムード歌謡グループ・純烈の友井雄亮(38)が11日、都内で会見。一連の騒動について謝罪した上で、グループを脱退し、芸能界を引退することを表明した。友井は週刊文春の報道で、2014年ごろから交際していたA子さんへの暴力や、その後の恋人・B子さんの貯金の3000万円使い込み、度重なる浮気などが判明。10日は友井を除くメンバー4人でテレビ収録に臨み、新体制で再スタートを切っていた。主に謝罪に関する一問一答(1)は以下の通り。
(会見冒頭、深々と一礼)
友井「このたび、傷つけてしまった女性の方々、およびご家族の方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」「今回の週刊誌に書かれている女性へのトラブルは、事実でございます。これまで純烈として一生懸命がんばってきたメンバー、メンバーの家族、事務所、レコード会社の方々、関係者の方々、僕らと一緒に純烈を支えて下さったファンの方をこんな形で信頼を裏切る行動をしてしまい、大変申し訳ございませんでした」。
「これまでの自分の生き方や考え方、どこかでずるかった自分、甘さが今回のことを招いたと痛感しています。本日は正直に全て話し、もう二度とこんな過ちを犯さないよう、償いながら生きていきたいと思っています」
-償いながら、とは具体的に。
「女性の方々には許されるようなことをしていない。深く念じて、償いながら生きていきます」
-今後の活動は。
「純烈としての活動は、自分としましては、僕の一件でスローガンに反することをしてしまったので純烈を脱退し、芸能界から身を引きます」
-引退か。
「はい、引退します。芸能界からも引退します」
-重い決断をした。
「本当に情けない行動をしてしまった。芸能人である前に人として情けないことをしてしまった。メンバーだったり、メンバーの家族だったり、この一件でどれだけの迷惑をかけてしまったか。ご家族もそうですし、女性の相手方のご家族もそう、当たり前のことだと思っています」
-紅白で活動しながら、危機感は。
「正直、11年間純烈デビュー当時からいろんなこと、苦労もありながら、目標に立てたことはうれしかった反面、どこかで自分のなかで表に出ることを冷や冷やしながら立っていました」