杉原杏璃の結婚相手は“芸能界のドン”の長男! 気になる「バーニングプロ」の今後は……? – めるも

タレント・杉原杏璃の結婚相手が話題となっている。先月26日のブログで杉原は、音楽出版会社の代表取締役と同20日に入籍したことを報告。実名は明かされなかったが、「週刊文春」(文藝春秋)によると、お相手は“芸能界のドン”こと「バーニングプロダクション」周防郁雄社長の長男・彰悟氏であるという。これだけでも業界的には驚きだったが、もうひとつ意外だったのは、バーニングプロの今後だ。長男の彰悟氏は現在、音楽出版権などを扱うバーニングの関連会社の社長で、ゆくゆくは父親の後を継ぐとみられていたが……。同誌の取材に彰悟氏は「僕はそんな器じゃない。バーニングプロダクションは周防郁雄一代限りのもの。僕が後を継ぐなんて話はないし、父も最後までやり遂げると言っている」とコメント。額面通りに受け取れば、周防郁雄なきあと、バーニングプロは“消滅”ということになる。舞台裏を知る関係者の話。「当初は彰悟氏も後を継ぐ気満々でした。数年前にバーニング内で不正会計が発覚した際、彰悟氏は張り切って不正を追及して、事務所の健全化を図った。ただ、その強権的な態度を嫌う社員は多く、彰悟氏が社長になったら『すぐに辞める』という幹部連中も多い」郁雄氏も息子に「おまえはこの業界に向いていない」と通告する一方で、飲食店経営など、芸能とは無関係なジャンルに関しては「全面バックアップする」と約束しているという。「結婚直後に言うことではありませんが、彰悟は女グセがよろしくない。過去にはあきれた父親が彰悟の醜聞を某週刊誌にリークし、それをもって彰悟をいさめたこともあった」(事情通)ネクストドンと目されていた彰悟氏が“降りた”ことで、次世代は群雄割拠の覇権争いが繰り広げられそうだ。