芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

写真拡大   賛否両論があったものの、平均視聴率21.1%と好評のうちに幕を閉じたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」。ドラマで抜群の存在感を見せたのが、ヒロインを演じた永野芽郁(19)。その大人びたしぐさ、風貌から、芸能マスコミが真剣に“ボーイフレンド探し”を始めている。 ジャニーズでも特別? 生田斗真&清野菜名「結婚の障害」  ある週刊誌は連日のようにNHKの収録終わりを狙ってマークを続けたが、交際相手の特定には至らなかったという。しかし、複数のメディアが“本命”とにらんでいるのが、ドラマで共演した志尊淳(23)。漫画家時代のアシスタント仲間“ボクテ”こと、おしゃべりなゲイ役の藤堂誠を好演した俳優だ。 「2人は『半分、青い。』で共演する以前からの顔見知りです。以前に映画『帝一の國』で共演したり、松本人志のCM『タウンワーク』には志尊に思いをはせる役で永野が出演しました。『半分、青い。』のプロモーションで、ふたり一緒に『東京ガールズコレクション』にも出演しています」(NHK関係者)  朝ドラの収録中はユーコ役の清野菜名(24)も交えた3人で、役作りについて真剣に議論をしてきたという。3人は“反省会”と称した食事会をこれまでに何度か開いたことがあるらしいが、芸能記者たちが“ボクテ”に疑いの目を向けるようになったのは、決定的! ともいえる写真が永野のツイッターに突如としてアップされたためだ。永野も同じカットを撮っているが、志尊のツイートを、永野がわざわざリツイートしている。  東京・西麻布にある高級焼き肉店で9月24日生まれの永野の誕生日祝いをしたという。3人の仲の良さは写真からも伝わってくるが、アップされた直後、密かに取材を進めていた記者たちは、思わず驚きの声をあげたそうだ。 「あの写真はカムフラージュの疑いがあると見ています。永野と志尊のツーショットはまずいので、清野に協力してもらいスリーショットの絵作りをしたという疑惑です。そんな紛らわしい写真をわざわざSNSにアップするのはどうかという意見もありそうですが、あの世代の男女が恋人と真剣交際をすると、世間にアピールしたくなることもあるといいます。もしかしたら志尊が永野ではなく清野と交際しているという可能性もあります。それだと少し扱いは低くなりますが、決定的な写真が撮れたら一応、“スクープ”にはなるでしょうね」(ベテランカメラマン) 現在、永野は来春公開予定の映画「君は月夜に光り輝く」の撮影中で、栃木県足利市と神奈川県横浜市で忙しいスケジュールをこなしている。記者たちは息を潜めて永野の動向を追い続けている。(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)