首里城祭2018/伝統芸能行列②平敷屋エイサー保存会

平成30年10月28日(日)
会場:那覇国際通り

沖縄県うるま市の平敷屋エイサー保存会は, 100年以上の
歴史を持つ市無形民俗文化財「平敷屋エイサー」の伝統的
な型を正しく継承する取り組みを強化している。その起源
は、現在の福島県いわき市出身の僧侶, 袋中上人(たいちゅ
うしょうにん)が伝えた念仏踊りと言われ, 太鼓打ちの白黒
で統一された衣装は僧侶のけさに似ているといわれている。
保存会は明治時代以前から続く正しい型の保存・継承を目的
に1983年に結成した。会員は60代が中心で若手の参加が少な
く, 正確な型の継承が課題になっている。