最新ニュース : 大手芸能プロ・アミューズが「BRUTUS」とコラボした“裏事情”- |

大手芸能プロダクション・アミューズが、雑誌「BRUTUS」(マガジンハウス)とコラボした「BRUTUS 特別編集『2018年の会社案内』」(以下、「アミューズBRUTUS」)が、芸能関係者の間で話題となっているという。 同号は、1978年に創業したアミューズの設立40周年を記念し「BRUTUS」編集部が特別編集したものといい、アミューズの設立記念日である10月16日に発行された。市販はされず業界関係者にのみ配布される“限定版”で、「BRUTUS」がこのように芸能プロとコラボを行うのは初の試みだとか。 アミューズといえば、サザンオールスターズ、福山雅治、星野源、Perfume、佐藤健、ディーン・フジオカ、神木隆之介、吉高由里子、吉沢亮など今をときめく芸能人が多数所属し、2001年にはナスダック・ジャパン(当時)に上場まで果たした大手芸能プロ(現在は東証一部)。 当然大手マスコミとの関係も深く、この「アミューズBRUTUS」発行のタイミングに合わせるかのごとく、日刊スポーツなどの大手スポーツ紙から時事通信などの一般メディア、ナタリーやCINRAなどの新興ウェブメディアまでが一斉にこのことを報道、改めてアミューズとマスコミとの“関係の深さ”を見せつける形となった。 一方の「BRUTUS」といえば、1980年に創刊した泣く子も黙る“シャレオツ雑誌”。広告収入を前提としつつも、2018年最新のデータでは7万部強の部数を誇り(日本雑誌協会が集計する印刷部数)、根強いファン層の厚さを誇る老舗ライフスタイル誌である。 となれば気になるのは、同号の制作費はアミューズ、マガジンハウスのどちらが持ったのかということだ。商売上手なマガジンハウスのこと、大手芸能プロとの日頃のコネクションさえカネに変えるべく、同社がアミューズ側に持ちかけた企画なのかと思いきや……。「自社の設立40周年を記念した目玉企画ということで、アミューズ側がBRUTUS編集部に企画を持ち込み、これにBRUTUS編集部が乗った、という流れだとか。一般発売はしない限定版ということで、制作費も当然アミューズ側の負担。アミューズとしては会社のアピールになるし、BRUTUSとしても同じく、『こんなコラボ企画もやってますよ』というアピールを対外的にできる。両者にとってウィン・ウィンの企画だったのでしょう」(出版関係者)大里洋吉・アミューズ会長の今後の“野望”  さて、同号の気になる内容だが、「親愛なるアミューズ社員の皆様へ」と題した桑田佳祐からアミューズ全社員へのメール全文、福山雅治のこれまでのアーティスト写真や2001年にナスダックに上場した際の新聞広告などのアーカイブ、三浦春馬や寺脇康文が登場するインタビューページ、さらには吉高由里子登場のグラビアまで掲載されており、まさに現在のアミューズにおけるタレントの多士済々ぶりをこれでもかと見せつける形となっている。 しかしやはり注目すべきは、普段は表舞台にはあまり顔を出さない同社幹部たちが“顔出し”で登場している点だろう。現・代表取締役を務める畠中達郎氏や取締役の相馬信之氏など、同社を業界屈指の大手に成長させてきた当事者たちの声が満載。 中でも白眉は、アミューズ創業者である大里洋吉会長のインタビュー「大里洋吉の遺言⁉︎」ではないか。サザンオールスターズを見いだし、J-POP全盛時代の礎を築いた人物として知られる大里氏のこれまでの半生や仕事哲学が語られているのだ。 同社の喫煙スペースとおぼしき場所でタバコをくゆらせているカラーグラビアと共に開陳されるは、「僕にとってすべての原点は映画」であったという小学生時代の思い出や、大学時代、寺山修司に「なんであんなに暗い演劇をやってるんですか」と質問して怒られた話、さらにはアミューズを立ち上げるに至った理由が“いきあたりばったり”であったことなどのエピソード。 これからのエンターテインメントビジネスの展望も語られており、まだまだ引退する気はなさそうな雰囲気。一部を抜粋した「WEB特別版」が2018年12月31日までの期間限定でアミューズ公式サイトで閲覧可能となっており、大里氏のもう一世代上の“芸能界のドン”世代が高齢化を迎える昨今、芸能界の勢力図の今後を夢想しながら眺めるのもよいかもしれない。(文/編集部)