小池里奈、2年ぶりに芸能活動復帰 留学から帰国しYouTuberデビュー

小池里奈、2年ぶりに芸能活動復帰 留学から帰国しYouTuberデビュー
女優の小池里奈が、ニュージーランドへの留学、オーストラリアでのワーキングホリデーを経て、約2年ぶりに芸能活動に復帰することを、都内で行われた会見で明らかにした。さらにTBS公式YouTubeチャンネル「となりのこいけ」を開設、27日18時からレギュラー番組配信を開始し「YouTuberデビュー」を果たすことを発表した。

【写真】部屋着でリラックスした笑顔を見せた小池里奈

 今年10月1日、久しぶりに更新されたブログでは、活動休止期間中について「突然消えてしまい申し訳ありませんでした… 活動していない期間は、海外へ行ったり、働いたり、身体を壊したり…笑 と今まで経験した事がないことをたくさん経験しました」と説明し、「とてもいい刺激を受け、これから心機一転、より一層頑張っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします!」と近日中の活動再開をにおわせていた小池。この記事がニュースになり話題となっていた。

 「となりのこいけ」初収録の日に行われた会見。モコモコのクマの部屋着風衣装で登場した小池。活動休止中、芸能活動をやめてしまったのではないかと憶測が飛び交っていたことについて「やめるつもりはなくて、充電期間でした。戻って来たかったので、逆に何も言えなかったという感じです。皆さんには何も発信できなかったのがすごく心苦しかったんですけど、いつか絶対にいい状況で発信したいなって思ってたので、あんな感じになってしまいました」と想いを語った。

 実際にはニュージーランドに語学留学した後、オーストラリアにワーキングホリデーで滞在、「ダイニングレストランでウェイトレスとして働いてました」と明かす。元々童顔の小池は「年齢を聞かれて“24歳”って言ったら、皆“えー!!うそー?”って驚く感じでした」と笑う。英語の試験になんとか合格してウェイトレスの仕事に就いたそうだが、言葉には苦労したそう。「最初のころは、お客さんから“bill”(ビル=お会計)って言われても、“ビール”としか聞こえなくて、どんどんビールを出しちゃって、“あ…お会計です”っていう間違いが多発してました。“ビールめっちゃ出すやん!”みたいな」。

 そんななか、オーストラリアで人生初めての入院を経験。「初めて身体を壊しまして、記念すべき第1回入院はオーストラリアでした。腎臓の不調で、お医者さんから“女の人は環境が変わるとなっちゃうよね~”って言われて、最初1日で退院できるはずが、1週間入院してました。でもそのせいでリスニング力が伸びました。初めて自分の身体がヤバイことになって、必死なので分からないなりに英語を聴きとらないといけないので(笑)」と“怪我の功名”となったようだ。

 そんなトラブルにも遭いつつ「トータルで楽しかった!」と振り返る。「小学生の時から芸能のお仕事をしていて、普通のアルバイトは初めての経験だったので、すごく新鮮で楽しかったです」。それでも日本に帰ってきたのは「すごいぶっちゃけた理由で言うと、保険がきかなくなったこと」と笑わせつつ、「いろんな経験が出来て、もう充分、戻りたいという想いが強くなりました。どんな経験もやっぱり芸能のお仕事の刺激には勝てないというか。このお仕事が好きなので」と、留学によって芸能活動への意欲がさらに高まったことを明かした。
引用元
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000310-oric-ent